もう一つだけ、教えて!藤井先生-宇宙飛行士になるには?

大好評だった「教えて!藤井先生」にたくさんの質問、ありがとうございました!
ここでLINEやブログ等から、よくご質問いただくことをもう一つだけ、藤井先生に突撃クエスチョン!しちゃいました。

Q.
宇宙飛行士になるには、どうしたらよいですか?(Mさん他多数)


A.
宇宙飛行士になる!素晴らしいですね。
資格や選抜は、外国でも最初のころは大変厳しいものがありました。

JAXAの「平成20年度 国際宇宙ステーション搭乗宇宙飛行士候補者 応募要項」によると、応募に際しては、大学(自然科学系=理学部、工学部、医学部、歯学部、薬学部、農学部等)卒業以上であることに加えて、自然科学系分野における研究、設計、開発、製造、運用等に3年以上の実務経験を持つことが条件となっています。

ミッション・スペシャリストやペイロード・スペシャリストなど、どのような役目なのかによって、修士課程などのような学歴(大学名ではありません)、専門経歴などのような職歴、などが必要となるようです。

的確に仕事ができる能力、人と(機械とも?)協調できる能力、突発時にも沈着冷静に判断ができる能力など厳しい関門があるようです。

身体的には、極端に太りすぎ・痩せすぎ・高血圧・低血圧でないこと、聴覚・色覚が正常であることといった健康面に加えて、「水着及び着衣で75メートル(25メートル×3回)を泳げること。また、10分間立ち泳ぎが可能であること。」といった泳力も求められます。(訓練のときに必要だそうです)

また、「日本人の宇宙飛行士としてふさわしい教養等(美しい日本語、日本文化や国際社会・異文化等への造詣、自己の経験を活き活きと伝える豊かな表現力、人文科学分野の教養等)を有すること。」ということも応募条件の一つになっているのが面白いですね。

選抜に関しては採用人員に対して応募者が多いこともあって現在では大変なようですが、宇宙開発が進むにつれて宇宙に行く機会も増えるので、宇宙飛行士の数も増えてくることでしょう。
宇宙エレベーターができると急激に増加しそうですね。
  
若い時から目標を持って、体も心も頭も磨いてゆけばきっと、宇宙飛行士になるためだけではなくて、皆さんの未来に役立つことと信じます。
  
日本には素晴らしい若者がたくさんいて、とてもうれしいことです。
色々つらいこともあるかもしれませんが、知識、知恵、そしてユーモアを大切にがんばってください。

教えて藤井先生03


◆センター方式C日程入試、願書受付中!◆
詳しくはこちら↓↓
センター方式C日程入試http://www.kait.jp/admission/university/details/centerC.html


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR