学生の航空宇宙プロジェクトから世界初の成功事例!(総集編)

これまでにレポートしてきたとおり、
神奈川工大機械工学科 航空宇宙専攻の航空宇宙プロジェクト「モデルロケット打ち上げ」では、
モデルロケットでテザーを引っ張り上げに見事に成功しました。

これは今まで難しいといわれていた技術で、世界で初めての成功例です。
プロジェクトのフィナーレをヴィヴァルディの曲に載せてお送りします。
お楽しみください。



連続して立ちはだかる困難にもめげることなく、着実に知恵と知識を働かせて努力を重ねた結果です。
メンバー全員がチームワークの勝利に酔いしれています。
この経験は今後大いに役立つでしょう!

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

13年度航空宇宙プロジェクト(藤井研30)-統括~プロジェクトを終えて~

 今回の航空宇宙学プロジェクトの藤井研チームは色々な苦難にぶち当たってきました。チームの足並みの乱れや、数々の実験の失敗、しまいには、天気がなかなか味方してくれませんでした…。

しかし、そんな中でもこのプロジェクトを成功させることができた理由は、皆がこのプロジェクトを成功させようという強い気持ちがあったから。

この気持ちを持っていれば、これからあるであろう様々な出来事に対しても立ち向かいっていけると思います。さて、前の年より今年、今年より来年が、さらにステップアップしていく航空宇宙プロジェクト、次の年はどんなプロジェクトになるでしょうか?! 

なお、今まで不可能な技術だと思われていた「テザー付きモデルロケット」の打ち上げは、綿密な準備と緻密な基礎実験によって、技術が確立することが出来ました。打ち上げ成功の動画は順次ご披露する予定です。感動を一緒に味わっていただければ幸いです。 (終わり。)

2成果発表会


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

13年度航空宇宙プロジェクト(藤井研29)-成果発表会

 遂に、プロジェクトの集大成ともいえる成果発表会。みんなこの日に向けて天候に左右されながらも実験を行い、失敗を検証し、次の実験に備える-といったことを地道に積み重ねてきました。しかし、発表で配るはずの資料が完成したのは当日の昼!はたして成果報告会を成功させることができたのでしょうか。

発表の順番は藤井研→小林研→永尾研で、われら藤井研究室は三つの発表グループのトップバッターとなりました。みんなドキドキです。


1成果発表会

さて、結果は……
大成功!!!
リーダーの森くんを中心に良く出来た発表でした。
多くの先生方からの質問にもみんなで協力して答えていくことができました。



----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

13年度航空宇宙プロジェクト-(藤井研28)本実験 紐型テザー編

 今回も、前回のブログに引き続き、本実験について報告いたします。モデルロケットを用いたテープテザーの伸展実験は残念な結果に終わりましたが、気を取り直し、8の字式、リール式の2種類の紐型テザー伸展実験に臨みました。

まずは、8の字式紐型テザーです。
8の字式紐型テザーを取り付けたロケットは、発射と同時に勢いよく上昇し、最高高度は21mを記録! テザーも無事に伸び、結果として16.43mのテザーの伸展に成功しました!!

続いてリール式紐型テザーです。
リール本体の抵抗が大きく思ったほどの高度を得ることができませんでしたが、それでも11.65mのテザーの伸展に成功しました! 

28new

テープテザーの伸展失敗で落ち込んでいた現場の雰囲気も一気に明るくなり、「再実験では絶対にテープテザーを伸ばすぞ!!」との気運も高まり成功につながりました。
さあ残るは成果発表会だけです。最後まで頑張ろう!

なお、当実験はモデルロケットの自主消費基準(http://www.ja-r.net/consumptionstandard.html)を順守するとともに、専門的な十分なハザード解析のもとに行っています。安易にマネすると危険ですのでご注意ください。


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

13年度航空宇宙プロジェクト-(藤井研27)本実験 テープテザー編

 いよいよ本実験の実施日になりました。本実験では、A8-3エンジンを3本使用したクラスターエンジンロケットを打ち上げて、テープテザー1種、紐型テザー2種、合計3種類のテザーについて伸展実験を行いました。今まで何回も事前実験を行ってきただけあり、実験準備もスムーズに行えました。そしていよいよ打ち上げ! まずはテープテザーからです。このテープテザーに用いられた『折り紙方式』は、藤井裕矩教授が中心となって行われた国際プロジェクト『T-Rexプロジェクト』でも実際に使われた方式で非常に信頼性が高い方式です。しかし、いざ打ち上げてみると、なかなかテザーが伸びません。よく確認してみるとテザーが焼き切れていました。原因は、どうやらテザーをロケットに固定している箇所とエンジンの間の距離が近く、そのため炎が直接テザーに当たってしまったことのようです。そのためテープテザーについては、改良ののち後日、再実験を行うことになりました。メンバー皆、とても悔しい思いをしましたが、この悔しさをばねに、「次こそは絶対に成功させる!!」と意気込んでおります。次こそは必ず成功してくれるでしょう!
なお、本実験 紐型テザー編は藤井研ブログ28にて報告予定ですので、お楽しみに!!

27new.png
再実験ではきれいに打ちあがりました。




また、当実験はモデルロケットの自主消費基準(http://www.ja-r.net/consumptionstandard.html)を順守するとともに、専門的な十分なハザード解析のもとに行っています。安易にマネすると危険ですのでご注意ください。


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR