学生からの学会報告-第57回宇宙科学技術連合講演会(4)

この講演会には、学生6名が参加しています。
学生たちからの講演会報告も、少しずつご紹介いたします!

▼トップバッターは、茂木 幸秀君からの報告です。▼

 1日目の10月9日は藤井教授が参加したパネルディスカッションの他に、宇宙エレベーターの講演がありました。

本学からは小林さんと佐藤さんが講演しました。
小林さんは宇宙エレベーターの横方向の振動に関する数値解析、
佐藤さんは宇宙エレベーターのライダー(昇降機)の運動
について講演しました。

この講演の前にはパネルディスカッションがあったせいか質疑応答の中には鋭いものがいくつかありました。
特に、ライダーの運動について数値シミュレーションした結果に興味を示した先生方が多く、時間いっぱいまで議論が交わされました。

第57回宇宙科学技術連合講演会-4
----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

OPC

続きを読む

第57回宇宙科学技術連合講演会(3)

宇宙エレベーターについては10月9日朝9時から夕方まで、15を超える講演に特別シンポジウムが行われました。
その中で、多くの人々が宇宙エレベーターの技術的問題点や実現性などについて熱心な議論を重ねました。

  本学の藤井教授がパネリストとして参加したシンポジウム「宇宙エレベーターは実現可能か?現在の技術レベルと課題」。

司会は山極教授(静岡大)で、パネリストは青木教授(日大)、石川博士(大林組)、佐藤講師(東海大)、高野教授(日大)、藤井教授(神奈川工大)の5人で行われました。



宇宙エレベーターの技術レベルの現状および実現のために特に重要と思われる課題はなにか?
宇宙エレベーター研究開発を今から行う意義は?
宇宙エレベーター研究開発において日本が担うべき役割は、宇宙エレベーターは実現可能か?

などなど・・・
パネリストだけでなく、会場からも甲斐教授(日大)、向井さま(JAXA)や、山田様(ナスピア)などから活発な意見が出され、宇宙エレベーターがSF(空想科学小説)から実現へと向かう構想がいろいろ議論されました。

内容はいずれ日本航空宇宙学会誌に発表されると思いますのでご期待ください。


第57回宇宙科学技術連合講演会-3
----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

OPC

第57回宇宙科学技術連合講演会(2)

いま話題のイプシロン・ロケットのプロジェクト・マネージャー森田泰弘先生(ISAS/JAXA)の特別講演「未来を拓くイプシロンの挑戦」があり、多くの聴衆が参加しました。

イプシロン・ロケットの目標とする低価格・フレンドリーで非常に効率の良い打ち上げシステムとしての開発の苦労と喜びを、森田先生はわかりやすくにこやかにお話しくださいました。
これからも続くイプシロン・ロケットの挑戦に大いに期待するとともに、プロジェクトのメンバーの皆さんへの激励を送りたいと思います。

第57回宇宙科学技術連合講演会-2


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

OPC


第57回宇宙科学技術連合講演会(1)

2013年10月8日から12日まで鳥取県米子市米子コンベンションセンターで第57回宇宙科学技術連合講演会が開催されました。

藤井教授のほか小林 孝章、佐藤 強、琴 暁明、中村 亮介、福田 悠、茂木 幸秀 君の学生6名が研究成果を発表し、日本全国から集まった宇宙関連を含む研究者や技術者、そして関心のある方々とともに色々活発に議論しました。
これから、学生諸君からの報告も掲載する予定です。ご期待ください。  

第57回宇宙科学技術連合講演会-1

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

OPC

◆推薦入試(自己推薦入試)が始まります!

航空宇宙学専攻では、「自己推薦入試」を実施します。
これは、出願の要件を満たせば、出願することのできる入試です。
出願にあたって、評定平均値の条件がなく、高校からの推薦書も必要ありません。

【出願の要件】
下記の(1)(2)の項目をすべて満たす者。
なお、 工学部機械工学科(航空宇宙学専攻)を志願する者については、下記の(1)(2)に加えて、工学部機械工学科(航空宇宙学専攻)の「自己推薦入試の選抜方針」で定める英語力を必要とする。

(1) 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)を平成26年3月卒業見込の者、または卒業している者(現役・既卒を問わず)。または、高等学校卒業程度認定試験に合格した者・合格見込みの者(大学入学資格検定に合格した者を含む)で、平成26年3月31日までに18歳に達する者。
(2) 本学を専願としている者(合格した場合、入学を辞退しない者)。

【入試日程】
出願期間 12/2(月)~12/9(月)<消印有効>
持参:12/10(火)17:00まで
試験日 12/14(土)
合格発表日 12/20(金)

なお、入試内容、航空宇宙学専攻に必要な英語力、募集要項や提出書類指定用紙のダウンロード等、入試についての詳細は神奈川工科大学ホームページをご参照ください。

大学入試案内はこちら▼
http://www.kait.jp/admission/university/details/

共に学び合いたい方の出願、お待ちしております!

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

◆学生の学会発表レポート(おまけ)-機械学会北海道支部第52回講演会

発表後は函館市内を一通り観光しちゃいました。

機械学会北海道支部第52回講演会写真3

やはり函館の夜景はとても綺麗でしたよ!

発表はまだまだでしたが、今後の課題や研究の方向性を見つけることが出来たという点では充実した学会となりました。
もちろん、函館も満喫出来ました!

次回は11月に香川県で発表してきます。良い報告ができるよう頑張ってきますね。

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------


◆学生の学会発表レポート(2)-機械学会北海道支部第52回講演会

大学院1年の池田(航空宇宙学専攻の1期生)です。
北海道の函館で行われた「機械学会北海道支部第52回講演会」。
流体力学のセッションで「渦の減衰を組み込んだ揚力線理論による翼の空力特性」について講演しました。

大学4年次に何度か学会発表をさせて頂いていましたが、1年振りということもありとても緊張しました。
発表や質疑応答も何とか言いたいことを話すことが出来ましたが、自己採点は40点。その理由は2つ。

1. 練習し過ぎて自分の言葉で話すことが出来なかった。
2. イメージし難いテーマということもあり聞き手に上手く伝えることが出来ていなかった。

ただ話すのは簡単だが、短時間で相手に分かりやすくは難しい!ということを改めて実感させられました。

機械学会北海道支部第52回講演会写真2
(*講演中の写真は撮ることが出来ませんでした。)


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

◆学生の学会発表レポート(1)-機械学会北海道支部第52回講演会

航空宇宙学専攻では、学生の学会参加を推奨しています。
今回は、機械学会に参加した学生からのレポートを紹介いたします!



こんにちは。大学院1年の池田(航空宇宙学専攻の1期生)です。
北海道の函館で学会発表してきました。

会場は函館工業高等専門学校で分野ごとに異なった教室で発表します。
因みに本講演会は発表10分、質疑応答5分間で自分の研究結果を語らなければいけません。

機械学会北海道支部第52回講演会写真1

私は流体力学のセッションで「渦の減衰を組み込んだ揚力線理論による翼の空力特性」について講演しました。

少し噛み砕いて説明すると、飛行中の航空機の翼にどのような力が働くのか、
実験と数値解析を比較した結果どうなったかといった講演内容です。


さて、私の講演は・・・次回、ご報告いたします!
(つづく)


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

航空宇宙学専攻・宇宙クイズ(10)答え合わせ!

[問題]地球表面近くの第三宇宙速度(地球が公転している太陽系からの脱出する速度)はどのくらいの速度か?

A. 秒速4.2キロメートル
B. 秒速42キロメートル
C. 秒速420キロメートル

(正解)B.秒速42キロメートル
詳しくは「[神奈川工大機械工学科 航空宇宙専攻★公式ブログ]宙(そら)をめざせ!」の記事「地球の引力を振り切る第二宇宙速度、それから・・・―宇宙エレベーターをめぐる「宇宙の物理」(10)」http://www.aeroastro-kait.net/blog-entry-86.html等をご参照ください。


クイズシリーズのご愛読ありがとうございました!
またお目にかかりましょう(by ルー君)

10問目ー答え

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

航空宇宙学専攻・宇宙クイズ(10)

航空宇宙学専攻・宇宙クイズも最後の問題になりました!


10. 地球表面近くの第三宇宙速度(地球が公転している太陽系からの脱出する速度)はどのくらいの速度か?

A. 秒速4.2キロメートル
B. 秒速42キロメートル
C. 秒速420キロメートル

答え合わせはまたあした〜!

10問目
----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

航空宇宙学専攻・宇宙クイズ(9)答え合わせ!

航空宇宙学専攻・宇宙クイズ(9)の答え合わせの時間がやってきました!

[問題]ある一定速度で打ち出されたものは、落ちずにずっと回り続けるという「宇宙第一速度」は、地表からの高度が高くなるほど・・・
A. 速くなる
B. 遅くなる


(正解)B.遅くなる

詳しくは「[神奈川工大機械工学科 航空宇宙専攻★公式ブログ]宙(そら)をめざせ!」の記事
「第一宇宙速度は高さによって変わる―宇宙エレベーターをめぐる「宇宙の物理」(9)」
http://www.aeroastro-kait.net/blog-entry-85.html等をご参照ください。

次のクイズは最終問題です!お楽しみに!

9問目ー答え

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

航空宇宙学専攻・宇宙クイズ(9)

しばらくお休みしていた航空宇宙学専攻・宇宙クイズ!
9問目ですよ!

[問題]ある一定速度で打ち出されたものは、落ちずにずっと回り続けるという「宇宙第一速度」は、地表からの高度が高くなるほど・・・
A. 速くなる
B. 遅くなる

コタエアワセは明日!お楽しみに!
9問目
----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

◆推薦入試(課題研究評価型)が始まります!

航空宇宙学専攻では、専門学科または総合学科在籍者で、推薦の要件を満たせば、出願することのできる「公募制の推薦入試」を実施します。
推薦入試(課題研究評価型)は、高等学校で履修した、自身の課題研究発表および面接・調査書・推薦書の総合判定で選考する入試です。

【推薦の要件】
下記の(1)~(3)の項目をすべて満たす者。
なお、 工学部機械工学科(航空宇宙学専攻)を志願する者については、下記の(1)~(3)に加えて、工学部機械工学科(航空宇宙学専攻)の「推薦入試(課題研究評価型)の選抜方針」で定める英語力を必要とする。

(1) 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)の専門学科または総合学科を平成26年3月卒業見込みの者。
(2) 全体の評定平均値または指定教科※評定平均値の平均が原則として3.2以上の者で学校長が推薦した者。(3.2に満たない者は志望理由書を提出すること)
※工学部・創造工学部・応用バイオ科学部(応用バイオ科学科):「数学・英語・理科・専門科目」の4教科。
(3) 本学を専願としている者(合格した場合、入学を辞退しない者)。

【入試日程】
出願期間:11/1(金)~11/9(土)<消印有効>※持参の場合、11/11(月)17:00まで
試験日:11/17(日)
合格発表日:11/22(金)

なお、入試内容、航空宇宙学専攻に必要な英語力、募集要項や提出書類指定用紙のダウンロード等、入試についての詳細は神奈川工科大学ホームページをご参照ください。

大学入試案内はこちら▼
http://www.kait.jp/admission/university/details/

共に学び合いたい方の出願、お待ちしております!

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

推薦入試(一般公募制)が始まります!

航空宇宙学専攻の入学試験が本格的にはじまります。
来年に実施する一般入試等にさきがけ、年内は推薦入試が行われます。

航空宇宙学専攻では、推薦の要件を満たせば、出願することのできる「公募制の推薦入試」を行います。
推薦入試(一般公募制)とは、高校での学習と生活状況、本学入学後の学習意欲と目的意識を面接・調査書・推薦書などで確認し、選考する入試です。


【推薦の要件】
下記の(1)~(3)の項目をすべて満たす者。
なお、 工学部機械工学科(航空宇宙学専攻)を志願する者については、下記の(1)~(3)に加えて、工学部機械工学科(航空宇宙学専攻)の「推薦入試(一般公募制)の選抜方針」で定める英語力を必要とする。

(1) 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)を平成26年3月卒業見込みの者。
(2) 全体の評定平均値または指定教科※評定平均値の平均が原則として3.2以上で学校長が推薦した者。(3.2に満たない者は志望理由書を提出すること)
※工学部・創造工学部・応用バイオ科学部:「数学・英語・理科」の3教科。
(3) 本学を専願としている者(合格した場合、入学を辞退しない者)。

【入試日程】
出願期間:11/1(金)~11/9(土)<消印有効>※持参の場合、11/11(月)17:00まで
試験日:11/17(日)
合格発表日:11/22(金)

なお、入試内容、航空宇宙学専攻に必要な英語力、募集要項や提出書類指定用紙のダウンロード等、入試についての詳細は神奈川工科大学ホームページをご参照ください。

大学入試案内はこちら▼
http://www.kait.jp/admission/university/details/

共に学び合いたい方の出願、お待ちしております!

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

カナフルTV、ご覧いただけましたでしょうか?!

9月29日(日)に放送された航空宇宙専攻が出演したカナフルTV、ご覧になりましたか?

取材当日は朝から快晴で気持ちのいい一日でした。
TVKのテレビの取材内容は、神奈川工科大学の航空宇宙学専攻で何を学ぶか、
に触れるようなものでした。

藤井教授へのインタビューやフライトシミュレーターの紹介など、
航空宇宙以外の学生にも興味を持ってもらえるような内容をご紹介いたしましたがいかがでしたか。

カナフルTV取材1
右:藤井裕矩教授  左:リポーターの房みどりさん

カナフルTV取材2
フライトシミュレーター取材時の様子

時間の都合で紹介されなかったインタビュー内容や、
もっと紹介したかった事などもたくさんありましたが、
限られた時間での放送・取材ですから、しかたないですね。


もっと神奈川工科大学の航空宇宙学専攻について知りたい方、
フライトシミュレータやNASA宇宙開発カレンダーを実際に見たい方、
是非オープンキャンパスに遊びに来て下さい!


学園祭は11月7日(木)〜11月12日(火)まで
次回、今期最後のオープンキャンパスは、11月23日(土)に開催されます。



なお、今回の放送内容は、県のホームページでも放送の数日後から一年間見られるので
機会があればぜひ見ていただきたいです。
少しでも多くの人が神奈川工科大学の航空宇宙学専攻に興味を持ってもらえたらいいなと思います。

カナフルTVURLはこちら▼
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6544/p18420.html

※下記URLから今回の放送を動画で見ることができます。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6546/p18520.html#player1
カナフルTV_web
平成25年9月29日
宇宙を身近に感じよう!
(時間21分)
[航空宇宙学専攻の紹介は12分頃から]

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

歓迎、女性の宇宙研究者! 国際宇宙会議、北京で開催(5)

(The 64th International Astronautical Congress in Beijing, China, 23-27 September 2013)

  さて5日間にわたる国際宇宙会議もいよいよ閉会式を迎えました。たくさんの参加者が盛んに知恵を出し合い意見を交換した日々を振り返って、盛会だった宇宙会議の終了を祝いました。

  閉会式では、いくつかの受賞がありました。イタリアの著名な宇宙学者を記念したルイジ・G・ナポリターノ賞が、写真のMITの若い女性研究者に与えられました。この賞は30歳以下で宇宙科学の発展に著しい貢献をした人に贈られるものです。

国際宇宙会議、北京で開催(5)

また、学生チームのプロジェクトでは欧州のチームが受賞しました。
他にもいくつかの受賞がありましたが、多くの女性が宇宙に進出して活躍しているのはとてもうれしいことです。
  
国際宇宙会議、北京で開催(5)-2

最後に、来年の開催都市カナダのトロントにIACのフラッグが渡されて、無事会議は終了しました。

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

★10月13日(日)は、神奈川工科大学の入試相談・大学説明会の日です!

大学見学会

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

ルドルフ君、国際会議で「可愛い!」 国際宇宙会議、北京で開催(4)

(The 64th International Astronautical Congress in Beijing, China, 23-27 September 2013)
 
 司会はカナダのMcGill大学のアルン・ミスラ教授とドイツ航空宇宙センターのパトリック・ハンムブロホ博士です。

日本からは他に、藤井教授が、宇宙エレベーターの運動とその構想について、そして大林組の石川博士が宇宙エレベーターの建設構想について発表しました。

藤井教授の発表では、ブログやfacebookにたびたび登場するおなじみのワンちゃん(?)ルドルフ11世もパワーポイントに顔を出して、国際学会デビューを果たしました(笑)。

女性がたくさんいる会場の聴衆から“可愛い!”と歓声が上がりました。

国際宇宙会議、北京で開催(4)

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

★10月13日(日)は、神奈川工科大学の入試相談・大学説明会の日です!

大学見学会

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

ライダーで宇宙へ! 国際宇宙会議、北京で開催(3)

(The 64th International Astronautical Congress in Beijing, China, 23-27 September 2013)


 神奈川工科大学の吉野准教授は宇宙エレベーターのライダー(テザーを上下する乗り物)についての研究を発表しました。
吉野先生のグループは昨年宇宙エレベーター競技会で最高高度の記録を作りました。



研究はテープ・テザーがねじれた時のライダーが昇ってゆくための制御についてでした。
実用を考えると、テザーがねじれることは大いにあり得ることですよね。


3-1.jpg

10編あった発表の中では唯一の実験結果の発表で、実際の応用を期待する場合について活発な議論がされました。


3-2.jpg


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

★10月13日(日)は、神奈川工科大学の入試相談・大学説明会の日です!

大学見学会

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

「バベルの塔」実現か! 国際宇宙会議、北京で開催(2)

(The 64th International Astronautical Congress in Beijing, China, 23-27 September 2013)

 国際宇宙会議では、宇宙エレベーターについて議論するセッションがあり、いろいろな研究が発表されました。インド、カナダ、イラン、米国、イタリア、アルゼンチン、中国、そして日本から全部で10篇の論文発表がありました。


宇宙エレベーターでは、興味深い発表がありました。

宇宙エレベーターは、静止軌道から上下にテザーを伸ばすのですが、アルゼンチンのアンドレ・カミノアさんの発表は “バベルの塔”のように地上から高い建物を建てる構想についてでした。


現在一番高い建物はアラブ首長国連邦ドバイにあるブルジュ・ハリファで高さは828mです。

カミノアさんの構想は、地球回転の遠心力、また、真空やガスを使ってこれらから生じる浮力を使ったり、さらに色々材料を工夫したりして100kmの高い塔 “Buoyant Advanced Building Elevator Lightweight”(BABEL) タワーを作ろうというものです。面白い構想ですね。


(André Caminoa, et.al., “THE BABEL TOWER: A SUPER-TALL STRUCTURE WITH A SUB-ORBITAL ELEVATOR,” 64th International Astronautical Congress, Beijing, China, IAC-13-D4.3.10)
tower.jpg

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

国際宇宙会議が北京で開催されました。(1)

国際宇宙会議が北京で開催されました。
(The 64th International Astronautical Congress in Beijing, China, 23-27 September 2013) 

世界中の人々が集まって宇宙開発などに関して議論をする国際会議が今年は中国の北京で開かれました。
七十数カ国から三千数百名が集まり2013年9月23日から27日の間、活発に宇宙科学や技術、そしてさまざまな宇宙に関する活動について熱心に議論しました。

開会式では京劇など様々な中国の文化が紹介され大きな会場にあふれるばかりの人々が楽しみました。

国際宇宙会議が北京で開催されました。(1)

つづく
----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

10月13日は入試相談・大学見学会です!

神奈川工科大学の入試相談・大学見学会を開催いたします。
大学概要や推薦入試や一般入試、センター方式入試のガイダンスに加え、在校生が案内するキャンパスツアーも行う予定です。

◆入試相談・大学見学会◆
日時:2013年10月13日(日)12:30~15:30
※予約は不要です。
※大学最寄り駅は小田急線「本厚木駅」です。
※当日は本厚木駅北口1番乗り場より無料送迎シャトルバスを運行します。
※詳細はこちら▼
http://www.kait.jp/data/pdf/20130914_01.pdf


大学見学会pdf画像

入試相談、大学見学のチャンスです!
ぜひお越し下さい。

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

航空宇宙学専攻・宇宙クイズ(8)答え合わせ!

航空宇宙学専攻・宇宙クイズ(8)の答え合わせの時間がやってきました!


[問題]現在の一般的なロケットを打ち上げる場合、ペイロード(荷物)を積めるスペースはロケット全体のどのくらいにあたるか?

A.約80%
B.約14%
C.約6%

正解)C.約6%

宇宙クイズ8こたえあわせ


詳しくは「[神奈川工大機械工学科 航空宇宙専攻★公式ブログ]宙(そら)をめざせ!」の記事
「宇宙への安定・大量輸送が可能に-学生と考える宇宙エレベーター(11)」
http://www.aeroastro-kait.net/blog-entry-37.html等を
ご参照ください。

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

★10月13日(日)は、神奈川工科大学の入試相談・大学説明会の日です!

大学見学会

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

航空宇宙学専攻・宇宙クイズ(8)

久々のルー君登場!
航空宇宙学専攻・宇宙クイズ、8問目です!

8. 現在の一般的なロケットを打ち上げる場合、ペイロード(荷物)を積めるスペースはロケット全体のどのくらいにあたるか?
A.約80%
B.約14%
C.約6%

宇宙クイズ8

答えは明日発表します!お楽しみに〜!
----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------


★10月13日(日)は、神奈川工科大学の入試相談・大学説明会の日です!

大学見学会

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

KAITの施設をご紹介!KAIT旅行記(1)-KAIT工房2

KAIT工房を使用するためには安全講習を受け、全体的な注意事項を確認していきます。
その後、使いたい機械を使用するためのライセンスを取得し自ら工作を行うといった流れです。

もちろん、慣れていない学生には、常駐している講師が丁寧に指導してくれますし、何度も通って使い慣れた人にも助言をくれるので安心して使用することができます。




また、小中学生を対象としたイベントなどを適宜行っています。
見学も20日前までに申し込めば見学もできますので、是非来て自分の目で確かめてみて下さい。

なお、次回は学食に行く予定です。乞うご期待!!


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR