卒業式

学位授与式(卒業式・修了式)が行われました。

卒業式

大学に入学して、多くを学び、また心身ともに鍛えられた4年間でした。
ここで得た経験を社会に出ても活かしていきたいです!


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

帝京大学宇都宮キャンパスにお邪魔しました!(2)

 前回に引き続き、帝京大学渡部研究室と、藤井研究室との間で行われた学術交流の様子についてお届けします!


 交流会の終了後、渡部研究室主催で、お菓子やドリンクを頂きながらの懇親会が行われました。研究の話だけでなく、プライベートの話など、時間を忘れて盛り上がりました!
 中でも、藤井先生と渡部先生の初めての出会い!?に関するクイズでは、皆、正解を当てようと大盛り上がりでした!!
 
今回の学術交流は、普段、なかなか同じ分野の研究を行っている学生と交流する機会がない藤井研究室の学生にとって、とても有意義なものになりました。
 ディスカッションを通して、お互いに協力できる部分も見つかり、双方の研究室の関係もより密接なものになりました!
 これからの研究で協力していく部分も多くなるかと思います。
 
 渡部研究室の皆さん! 今後ともよろしくお願いします!!

帝京大02

※ちなみに藤井先生と渡部先生の初めての出会い?!は、「バイオリンの弦の振動をテザー研究に活かせないかという話をしたとき」だそうです。


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

帝京大学宇都宮キャンパスにお邪魔しました!(1)

3月5日に帝京大学宇都宮キャンパスにお邪魔してきました!

今回の訪問の目的は、帝京大学理工学部航空宇宙工学科の渡部研究室と、宇宙テザー技術や、テザー型サンプリングシステムの研究に関しての学術交流を行うことでした。

渡部先生は、藤井先生のお弟子さんで、今の藤井研究室の学生にとっては同門の大先輩に当たる方です!!

交流会では、双方の研究室で行われている研究について発表を行いました。
藤井研究室からは、琴君、森君、佐藤君、甘露寺君、上井君の5名の学生が発表を行いました。

森君
↑発表する森君

また、発表後にはディスカッションも行われ、活発なやり取りが行われました。
 
 (続く)

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

オランダ王国欧州宇宙機関研究所(ESA/ESTEC)訪問記(12)-番外編 おいしいチーズ オールド・アムステルダムのお店

さて、最後にとてもおいしい話をしましょう。
オランダのアムステルダムのドム広場に「オールド・アムステルダム(アルテ・アムステルダム)」というチーズ専門店があります。

DSC01903.jpg


じつはミシェル博士が日本に来るときにおみやげに持ってきてくれるものですが、チーズが得意でない藤井先生も試食したら一口で(?!)気に入ってしまいました。
あまりにも美味しかったので日本におみやげに買って帰りました。
日本で手に入りにくいかもしれませんが、ぜひ機会があればお試しください。

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

オランダ王国欧州宇宙機関研究所(ESA/ESTEC)訪問記(11)-高空風力発電技術(2)

ミシェル博士たちのアイデアは、燃料などを用いないで発電できるので、地球にとってやさしい技術です。
このため、自然なエネルギーの利用を願う人々から大きな支持を受けています。

Amxyサポーター

写真のグライダーの翼にはそのようなサポーターである、KLM航空、スキポール空港、WWFなどのマークが記してあります。
アムピクス・パワー社は現在オランダで最も将来が期待される企業に選ばれています。

他にもテザー技術を用いて高空の風力を利用するアイデアとしては米国のMakani Power社があり、これはグライダーでなく飛行機をテザーの先端につけるものですが、将来性を見込ままれてグーグルが買収しています。
http://www.makanipower.com/google/


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------


続きを読む

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

オランダ王国欧州宇宙機関研究所(ESA/ESTEC)訪問記(10)-高空風力発電技術(1)

さて、オランダと言えば風車で有名ですね。そうです。ミシェル博士はESAやデルフト工科大学を経て、現在 ESAの宇宙技術者たちが作ったアムピクス・パワー(Ampys Power)というベンチャー会社で宇宙テザー技術を応用した風車技術に挑戦しているのです。(http://www.ampyxpower.com/

現在 風車は高い空の安定した強い風を利用するために100m以上の大きなものが作られています。
しかし、テザー技術を使えば、テザーでつないでグライダーを高度300m以上の高い空に上げて、これだけで大型の風車のプロペラの先端の役割をさせることができます。このため大きな構造物を作る必要がなく、非常に小型で効率の良い風力発電を行うことができます。

AmpyxPower.jpg


図はその原理を表したものです。300m以上の高い空でグライダーを8の字飛行をさせてその時に風から受ける力を地上におかれた発電機にテザーで伝えて電力を得ようというものです。ときどきテザーで引き戻してあがった高度をもとに戻します。

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

オランダ王国欧州宇宙機関研究所(ESA/ESTEC)訪問記(9)-宇宙テザー技術の応用

宇宙テザー技術の応用についてお知らせします。

MichielI.jpg

右の人、ミシェル クルイフ博士(Dr. Michiel Kruijiff)が中心となって進めているYES2(Young Engineer Satellite 2)計画は、2007年に藤井教授たちと一緒にひも型のテザーを人工衛星の軌道から31.7km伸ばすことに成功しました。
国際宇宙ステーション(ISS)でもせいぜい100m程度の大きさなのですから、これは世界初の業績で、宇宙で人類が作った最大の構築物となりました。

さて、クルイフ博士(以下ミシェル博士と呼びます)は、ESAで宇宙関係の仕事を終えた後、現在は宇宙テザー技術を応用したある仕事をしています。
さて、何でしょう?それは次回にお知らせすることにしましょう。
前にあるモデルがヒントですがわかるでしょうか。

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------


テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

オランダ王国欧州宇宙機関研究所(ESA/ESTEC)訪問記(8)-ESTEC(欧州宇宙研究・技術センター:European Space Research and Technology Centre)(1)

欧州宇宙機関(ESA)研究や技術の中心は写真のオランダESTECにあります。
今回のミーティングではデブリ化した10トン級のENVISAT衛星の処理について最先端研究チームと話し合いました。

現在ESAで6kmまたは10kmの長さのテザーを伸ばして実験するベア導電テザー衛星計画が進んでいます。
他のいくつかの方法とともにデブリの除去の方法の一つとして挙がっているものですが、まだ実験を重ねる必要があります。
このようにデブリ除去の問題は緊急性が高いので、早急な対策が必要とされています。

DSC01888.jpg

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

オランダ王国欧州宇宙機関研究所(ESA/ESTEC)訪問記(7)-デルフト工科大学 ポニーが遊ぶ

デルフト工科大学では川が流れる草原の上でポニーが数匹で草を食んでいました。

TUD馬

日本の、特に工科大学では、まず見られない光景ではないでしょうか?!心が落ち着くとともに、DUTの大きさも想像できますね。


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

オランダ王国欧州宇宙機関研究所(ESA/ESTEC)訪問記(6)-デルフト工科大学 「DREAM」棟のプロジェクト(2)

オーシャン・クリーンアップ計画のグループでは魚などの海の生物を傷つけたりしないで効率よく海のごみを除去する方法を色々考えたり、実際に海に出て実験したりして研究を進めています。

海流の動きを利用して網を使わないで板で海のごみを回収する方法について説明してくれました。
日本でもぜひ進めたい事業ですね。

PM2.jpg

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

オランダ王国欧州宇宙機関研究所(ESA/ESTEC)訪問記(5)-デルフト工科大学 「DREAM」棟のプロジェクト(1)

紹介された内の興味深いプロジェクトの一つが、海のごみを掃除する海の浄化(OCEAN CLEANUP)計画です。海は色々なゴミが流れ込みこれらを取り除くことが現在急務となっています。

DSC01871.jpg

この海のごみ掃除プロジェクトは学生が考え出し、世界的に高い評価を受け大きな注目を浴びているとのことです。

DSC01879.jpg


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

オランダ王国欧州宇宙機関研究所(ESA/ESTEC)訪問記(4)-デルフト工科大学航空宇宙学科で講義(2)

航空宇宙学科の研究者・学生の皆さんは忙しい中、藤井教授の宇宙エレベーターの講演に参加いただき、熱心な質問を頂きました。
いつも感じるのですが、日本の学生諸君と違って、外国の方々は興味を持つと盛んに議論してくれるということです。

オランダはテザー技術のような先端的な技術が非常に進んでいる国です。
今後オランダを含め欧州での宇宙エレベーターの議論がますます盛んになることを期待します。

TUD1.jpg


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

オランダ王国欧州宇宙機関研究所(ESA/ESTEC)訪問記(3)-デルフト工科大学 「DREAM」棟(1)

デルフト工科大学では「DREAM」という学生プロジェクト棟を紹介されました。
ここでは、20以上ものプロジェクトが学生主体で進められています。

神奈川工科大学でも同様な「夢プロジェクト」がありますが、DUTでは大きな建物と運営資金が大学から提供されています。

PM0.jpg


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

オランダ王国欧州宇宙機関研究所(ESA/ESTEC)訪問記(2)-デルフト工科大学航空宇宙学科で講義(1)

今回の訪問の目的は、航空宇宙学科のギル教授(E.K.A.Gill:写真中央)のご招待で、関係者に宇宙テザー技術と宇宙エレベーター構想について講演することです。

ちなみにギル教授は何十人もの研究室を率いて2008年に“Delfi-C3”と名付けられたナノ衛星を成功させた非常に高名な研究者です。

DSC01795.jpg


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

オランダ王国欧州宇宙機関研究所(ESA/ESTEC)訪問記(1)-デルフト工科大学

昨年12月藤井教授はESA(欧州宇宙機関)のESTEC(研究所)のあるオランダに行きました。同時に訪問したデルフト工科大学(DUT)は設立170年以上を誇る欧州で高い評価を得ている大学で、みなさん名前だけでもよくご存じと思います。
今回訪問した航空宇宙学科などたくさんの学部・学科のある非常に大きな大学です。写真は、その大きさを表現しようとしたのですが奥にある航空宇宙学科に歩いてゆくだけで疲れました。続いて、DUTの一部だけになりますがご紹介してゆくことにしましょう。

DSC01863.jpg


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

航空宇宙学専攻の1年-12月

仮配属者も決まり、学生たちは年内最後の活動に向かいます。

12月26日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパス(宇宙科学研究所:ISAS)で行われた「はやぶさ2」に関する会議に、藤井先生と藤井研究室の学生8名が参加しました。

JAXA01.jpg

藤井研究室では、小惑星探査のためのサンプリング手法の研究を行っています。
そこで、小惑星探査の一大プロジェクトである「はやぶさ2」の会議に出席し、「はやぶさ2」そのものへの理解を深め、今後進めるサンプリング手法の研究に活かすことが、とても有効な学びの手段だと考えたことが、今回の参加の理由です。

実際に進んでいるプロジェクトの雰囲気を味わい、その熱いやりとりに圧倒された学生たち。
この経験は、今後進める小惑星探査のためのサンプリング手法の研究に大いに活かされることになるでしょう!

*****
航空宇宙学専攻の1年を駆け足で振り返ってみました。
4月から入学してくる、新しい仲間を私たちは待っています!


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

航空宇宙学専攻の1年-11月

11月9日・10日に、神奈川工科大学の学園祭「幾徳祭」が開催されました。
学生を中心に様々な企画で盛り上がった2日間。
人生初の女装?!を体験した学生もいました(^-^)。

幾徳祭01

また、研究室への仮配属者が決まったのも11月でした。
仮配属とは、4年生で卒業研究を始める前の今の時期に、成績の良い3年生が「仮配属」として、卒業研究の準備のため各研究室に配属されることをいいます。

藤井研究室では、いままですでに参加していた2人に加えて新たに4人の学生(合計6人)が参加することになりました。


◆センター方式C日程入試、願書受付中!◆
4月入学の最後のチャンスです!詳しくはこちら↓↓
センター方式C日程入試http://www.kait.jp/admission/university/details/centerC.html


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

航空宇宙学専攻の1年-10月

9月から10月にかけて、航空宇宙学専攻の学生たちは積極的に国際学会への参加・発表を行いました。

まず、9月16日から19日まで、博士前期課程2年の遠藤大希君と航空宇宙学専攻4年の上井満広君が、スウェーデン王国エステルイェータランド県リンシェーピング市で開催された「CEAS欧州連合航空宇宙会議」に参加し、研究を発表しました。
参考文献でよく目にするような世界レベルの研究者と直接議論したことは、大きな刺激になったようです。
ちなみにフォローしてくれる先生は同行出来なかったので、学生だけでの参加でした!

欧州連合航空宇宙会議(CEAS:スウェーデン王国)参加報告書(1)

10月8日から12日まで、第57回宇宙科学技術連合講演会が開催されました。
藤井教授のほか小林孝章、佐藤 強、琴 暁明、中村亮介、福田 悠、茂木幸秀君ら学生6名が研究成果を発表し、日本全国から集まった宇宙関連を含む研究者や技術者、そして関心のある方々とともに活発に議論しました。

第57回宇宙科学技術連合講演会-1

航空宇宙学専攻では、学生の、国際学会への積極的な参加を推奨しています。
自らの得意とする分野で世界レベルの研究者たちと議論を交わすことは、研究のクオリティや意欲を高めることにつながります。
また、生きた英語を使いこなすチャンスにもなります。


◆センター方式C日程入試、願書受付中!◆
詳しくはこちら↓↓
センター方式C日程入試http://www.kait.jp/admission/university/details/centerC.html


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

航空宇宙学専攻の1年-9月

大学の夏休みは9月に入っても続きます。

9月は、国際宇宙会議が北京で開催されました。

国際宇宙会議が北京で開催されました。(1)

航空宇宙学専攻の藤井教授、ロボット・メカトロニクス学科の吉野准教授が発表をされています。

また、テレビ神奈川(TVK)の「カナフルTV」の取材を受けたのも9月でした。

カナフルTV取材1

神奈川工科大学の航空宇宙学専攻で何を学ぶか、に触れるような番組になりました!


◆センター方式C日程入試、願書受付中!◆
詳しくはこちら↓↓
センター方式C日程入試http://www.kait.jp/admission/university/details/centerC.html


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

航空宇宙学専攻の1年-8月

学生にとっては夏休みとなる8月。
大学では、オープンキャンパスが実施されました。

パンフ20130817LT

このときのテーマは「授業体験」。受験生の皆さんに、航空宇宙学専攻の実習をちょっとだけ、体験していただきました!


◆センター方式C日程入試、願書受付中!◆
詳しくはこちら↓↓
センター方式C日程入試http://www.kait.jp/admission/university/details/centerC.html


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

航空宇宙学専攻の1年-7月

ニュートンのリンゴの木に、かわいらしい実が2つもついた7月。

ニュートンのリンゴの実

航空宇宙プロジェクトはいよいよ大詰め。
失敗を糧に、少しずつ改善を加えて目標に向けてラストスパートをかけました。

3つのプロジェクトはそれぞれに成果を出しました!
藤井研では、今まで不可能な技術だと思われていた「テザー付きモデルロケット」の打ち上げに成功、技術を確立することが出来ました。



永尾研では、軽量の無人航空機をつくることを展望に、3つのチームに分かれ、それぞれのチームが自分たちで決めた構造様式を、スチレンボードを用いて製作しました。
要求された強度に耐えすぎてもダメ!要求された強度以下で壊れるようではもっとダメ!そして最軽量であること-が求められ、何度もシミュレーションや解析を繰り返しました。

本試験③

小林研では、
(1)航空機の運動を計算するのに用いられる運動方程式、それをエクセルで求められるように積分する積分法。
(2)それらを用いて実際に航空機の軌道を描こうとする軌跡計算。
(3)航空機の特性を変化させてフライトシミュレータで操縦性を評価するシミュレータ実験。
を行いました。
永く日本航空の機長を務められていた武田先生から、パイロットとしての評価をいただきました!

シミュレータ③


◆センター方式C日程入試、願書受付中!◆
詳しくはこちら↓↓
センター方式C日程入試http://www.kait.jp/admission/university/details/centerC.html


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

航空宇宙学専攻の1年-6月

6月には、13年度国際会議 第29回国際宇宙科学技術のシンポジウム(<29th ISTS> 29th International Symposium on Space Technology and Science)が開かれ、上井君、遠藤君、中島君、中村君、甘露寺君、小林君の6人が参加しました。

ISTS国際学会(13年度)01
(シンポジウムで発表する中島君)

また、航空宇宙プロジェクトの様子が「高校生新聞」(株式会社スクールパートナーズ)に掲載されました。

新聞

航空宇宙プロジェクトはいよいよ佳境に・・・
ここにきてスケジュールから遅れてしまうことも出てきました。
FEM解析に思わぬ苦戦を強いられ、設計が遅れてしまうとか・・・
図面に間違いがあり、工作をやり直すことになったりとか・・・

13年度航空宇宙P(藤井研)10_テザー班02

天候に恵まれず、試験が先延ばしになったこともありました。
それでもプロジェクトは進みます。ゴールに向けてメンバー全員頑張りました!
改善は技術的な面ばかりではありません。
スケジュール管理や仕事の進め方なども改善します。
そのあたりが「プロジェクト」たる所以(ゆえん)ですね。


◆センター方式C日程入試、願書受付中!◆
詳しくはこちら↓↓
センター方式C日程入試http://www.kait.jp/admission/university/details/centerC.html


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

航空宇宙学専攻の1年-5月

風薫る5月。
ニュートン先生の生家にあったリンゴの木から育てられた苗木を7年ほど前に分譲植えした「ニュートンのリンゴの木」も、美しい花を咲かせる季節です。

リンゴの花03

5月になると、航空宇宙プロジェクトが動き出します。
テーマとプロジェクトの進め方を決めて、担当の先生へのプレゼンテーションを行う審査会を経て、プロジェクトを進めていきます。
中にはゴールデンウィーク返上で審査会に臨んだチームもありました。

13年度航空宇宙P(藤井研)03_テーマ


◆センター方式C日程入試、願書受付中!◆
詳しくはこちら↓↓
センター方式C日程入試http://www.kait.jp/admission/university/details/centerC.html


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

航空宇宙学専攻の1年-4月

航空宇宙学専攻に入学すると、どんな生活が待っているのでしょうか?!
昨年1年を振り返ってみたいと思います。

大学正面


4月に入学した学生たちは、4月1日から4日にかけて学年ごとのオリエンテーションに参加します。
本学のカリキュラムはかなり濃密で複雑。新入学生は皆さん集中して聞いています。

オリエンテーション

3年次の学生は、航空宇宙プロジェクトに参加できます。
今年は24名の学生が3つのチームをつくり、それぞれのチーム自らが設定したプロジェクトに取り組みました。

13年度航空宇宙プロジェクト(初回01)


◆センター方式C日程入試、願書受付中!◆
詳しくはこちら↓↓
センター方式C日程入試http://www.kait.jp/admission/university/details/centerC.html


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

センター方式C日程入試、願書受付中!

神奈川工科大学の今年度最後の入試、センター方式C日程入試の願書を受け付けております!
本学独自の入試は実施せず、平成26年度大学入試センター試験を利用する入試です。
複数の学部学科に出願することが可能で、合否の判定は出願した学科ごとに行います。

今年4月から航空宇宙専攻に入学するためのラストチャンス、ぜひご確認下さい!

◆出願期間(インターネットを利用しない)◆
郵送の場合:H26/2/19(水)~3/10(月)<消印有効>
宅配便の場合:H26/2/19(水)~3/12(水)17:00必着
持参の場合:H26/2/19(水)~3/12(水)17:00まで

◆インターネット出願期間◆
H26/2/19(水)~3/10(月)12:00まで

◆試験日(試験について)◆
平成26年度大学入試センター試験のみで本学独自の試験は実施しない。

◆合格発表日◆
H26/3/15(土)

◆募集要項ダウンロード◆
●2014(平成26)年度募集要項(PDF:7.53MB)↓↓
http://www.kait.jp/admission/pdf/2014yoko.pdf

●2014(平成26)年度入試関係資料集(PDF:195KB)↓↓
http://www.kait.jp/admission/pdf/2014doc.pdf

※詳しくは、神奈川工科大学 センター方式C日程入試のHPをご参照ください。
http://www.kait.jp/admission/university/details/centerC.html


◆センター方式C日程入試、願書受付中!◆
詳しくはこちら↓↓
センター方式C日程入試http://www.kait.jp/admission/university/details/centerC.html


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR