●14年度航空宇宙プロジェクト テザー型風力発電(7)

 第8回目の今週は、確認会議が行われ各班の進捗状況や本実験に向けた計画の確認を行いました。
 本実験をどのように行うのかや、本実験用機器の設計の詳細から予算の話まで深い議論が行われました。それぞれの改善点・課題を見つけ本実験が順調に行えるようにこれから調整していくようです。

x

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

●14年度航空宇宙プロジェクト テザー型風力発電(6)

 第7回目の今週は、バルーン班は風洞実験用の治具の設計を行いました。凧班では前回の風洞実験の結果から、本試験用の大型の凧の製作を始めました。

z

 このプロジェクトでは、凧とバルーンのそれぞれで風力発電用の風車を上空に持ち上げるという事を最終的に行うわけですが、この課題にむけ風車班とそれぞれの班が風洞試験や数値解析結果を共有し、それぞれの本実験用機器の設計・製作が始まっています。

y
 
 来週は、確認会議が行われそれぞれの班の進捗状況や本実験に向けた計画が発表されます。

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

●14年度航空宇宙プロジェクト テザー型風力発電(5)

第6回の今週は、風車班では風洞実験用の風車が出来上がり、風洞実験を行いました。また、凧班でも風洞実験用の凧が完成し、風洞実験により揚力と抗力の測定を行いました。そして、実験データの解析等を行い課題も多く見つかっているようです。

あ

 バルーン班は今回機体の製作に入る予定でしたが、材料の到着が遅れたため製作が少し遅れているようです。

い


各班で実験や機体の製作などを行う中で、本実験に向けた課題やスケジュールの調整など、それぞれが忙しくなってきました。

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR