第1期生の戸田健君、航空管制官試験に合格!

神奈川工大機械工学科に航空宇宙専攻が新設されたのが2009年。
この年に入学した第1期生は来春卒業を迎えます。

その第1期生の戸田健君が、難関を突破して航空管制官採用試験に合格しました!

APISAT学会(戸田君)

▲戸田健君(左)。国際学会で研究発表もしました( APISAT 2012Asia-Pacific International symposium on Aerospace Technology, Nov.13-15, 2012, Ramada Plaza Jeju Hotel, Jeju, Korea)。


航空管制官といえば、航空機が安全に離着陸し、他の飛行機にぶつからずに空を飛べるように指示や情報をパイロットに伝える仕事をする国家公務員。
深田恭子さん主演のドラマ『TOKYOエアポート-東京空港管制保安部-』でおなじみの方も多いのではないでしょうか。

航空管制官になるためには、国土交通省の「航空管制官採用試験」に合格する必要があります。
基礎学力に加え、空間認識などの適性試験や英語の成績も重視されるこの試験。
合格率はなんと4-5%台という超難関!20人受けたら19人が落ちてしまう試験なんですよ。
しかも戸田君、今年の合格者約60名の14番目という好成績で難関突破を果たしました!

合格者は「航空保安大学校」で1年間の基礎研修を受け、その後国土交通省の割り当てによって、全国各地の空港や航空交通管制部に配属され勤務することになります。

戸田君が、日本の「そら」の安全を守る日がもうすぐやってきます。
どうぞご期待ください!!

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR