モデルロケット:11年、はじめてのプロジェクト(8)

いぬさんチームは、2回の打ち上げ実験を行います。

まず試験機(シャトルxpress)での試射。

シャトルの両サイドに取り付けた小型グライダーにより、予測の難しいペイロード(ロケットの搭載物)の投下予測範囲を検討します。また、試験機の打ち上げ角度やその時の風速などを考慮し、メイン機の打ち上げの参考データとします。

次にメイン機(Nova payloader)での打ち上げ。
ロケットに各実験機器及び、ペイロード(実験ではマシュマロ)を搭載し、打ち上げます。まず、
○最高到達高度を計測し、
○上空でペイロードの放出が確認できた時点で射出機構の動作確認をします。
さらに、
○放出したペイロードの落下を大きさの違いの観点より観測しつつ、
○落下範囲を測定、
○回収した空撮カメラの映像を解析し、ロケットの位置確認及び、スピン制御の解析を行う
といった具合です。



はじめてのプロジェクト!航空宇宙プロジェクト2011 関連記事

航空宇宙プロジェクト、始動!
(1)いぬさんチームとねこさんチーム
(2)ねこさんチームのプロジェクト
(3)風洞実験
(4)弾頭は手作りしました
(5)測定実験
(6)実験結果

(7)いぬさんチームのプロジェクト


宇宙科学 ブログランキングへ

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR