テザーの実験―宇宙エレベーター特別教室(15)

宇宙エレベーターで現在有力なテープ型テザーは2009年に日・欧・米・豪の国際プロジェクトT-Rex計画で伸ばした136メートルが宇宙最長記録であることはご紹介したとおりです。

次のグラフは、横軸に西暦年を、縦軸に宇宙で伸ばすことのできた長さを示したものです。
日本、米国、欧州の宇宙実験の記録が載せてあります。
この傾向から外挿すると、10万キロメートル(100,000,000メートル)が達成されるのは2040年ごろ、ということになるでしょう。

テープ型テザー伸張実験結果


ちなみに、宇宙テザーは1966年にジェミニ11号とジェミニ12号が伸ばした36メートルのテザーから始まりました。

自動車の安全ベルトのようなテープ・テザーを伸ばし、すでにおなじみだと思いますが地球の方にひもが引っ張られる重力傾度、そして、ひもにつないでくるくるとスピンさせて人工重力を作るという二つの宇宙実験を行いました。

いずれも搭乗していた宇宙飛行士が手伝ったのでテープ・テザーを伸ばすことができて、実験は成功しています。

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR