メイン機はやることが一杯!:11年、はじめてのプロジェクト(9)

今回メイン機として使用する「Nova payloader」は元々C6型エンジン対応機体でしたが実験にて大型のペイロードや小型カメラを搭載させた上で十分な高度を確保するため、より強力なC11型エンジンを使うことにしました。
そのため、エンジンマウント部の改修が必要となりました。

予備実験でエンジンのみが脱落し飛んで行ってしまうという失敗(?!)を経て、急遽、耐熱ボンドによりエンジン上部に「ツメ」を作ってエンジン脱落の予防策を行いました。

さらに、メイン機では計測することがかなり多いので、それぞれ何を使って、どのように計測するのかを考えなければなりません。

まず高度はデジタル高度計とアナログ高度計を併用し、デジタル7割、アナログ3割の割合で再度平均法を用いて最適化する方法で計測します。

ペイロード射出機構の動作確認は高感度カメラと目視で放出が確認されたらクリア、と考えます。

さらに、上空にて放出されたペイロード(マシュマロ)を高感度カメラにて撮影、大きさの違いや風の観点から落下の様子を観察。

ペイロードの落下範囲測定はロケットを打ち上げた位置から巻尺を用いて測定します。

さらに、ロケットに搭載した小型カメラの映像を解析し、現在位置や機体の傾き、スピンの様子を観察。今後のロケットの正確な位置測定に役立てる-

というのが具体的な測定方法。
アナログとデジタルをうまくミックスしながら進めるのが今回のポイント、でしょうか。




はじめてのプロジェクト!航空宇宙プロジェクト2011 関連記事

航空宇宙プロジェクト、始動!
(1)いぬさんチームとねこさんチーム
(2)ねこさんチームのプロジェクト
(3)風洞実験
(4)弾頭は手作りしました
(5)測定実験
(6)実験結果

(7)いぬさんチームのプロジェクト
(8)モデルロケット


宇宙科学 ブログランキングへ

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR