FC2ブログ

11年、はじめてのプロジェクト-感想

最初は軽い気持ちではじめてみた、わけもわからずやってみたというメンバーが、プロジェクトとして活動するうちに「だんだん面白くなってきた」「やり遂げたときに大きな達成感があった」とプロジェクトに嵌っていきました。

何よりチームワークの重要性を感じた、と言います。
実験を行うにも様々な下準備が必要であり、それは膨大な量になります。その膨大な量のタスクを限られた時間内に正確かつ迅速に完了させる、そんなこと1人の力ではできません。
だからこそ、1人ではなく、同じ志を持った仲間たちと共にタスクを分担し、協力し助け合っていくことが大切になります。
仲間を信頼し、自分の与えられた役割は責任を持って果たす、情報共有を密に・・・こうしたことは、座学の授業ではなかなか学べない貴重な体験だった、と言います。
中には、自分の役割を果たすために、小型モデリングマシンやボール盤など、KAIT工房の免許を取ったメンバーもいました。

これは学生たちにとって最初のプロジェクト。
今回の体験を今後の卒業研究や社会に出てからの本当のプロジェクトで活きると、プロジェクトは本当に大成功!です。




はじめてのプロジェクト!航空宇宙プロジェクト2011 関連記事

航空宇宙プロジェクト、始動!
(1)いぬさんチームとねこさんチーム
(2)ねこさんチームのプロジェクト
(3)風洞実験
(4)弾頭は手作りしました
(5)測定実験
(6)実験結果

(7)いぬさんチームのプロジェクト
(8)モデルロケット
(9)メイン機はやることが一杯!
(10)いざ実験開始!



宇宙科学 ブログランキングへ

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR