13年度国際会議 第29回国際宇宙科学技術のシンポジウム(名古屋国際会議場)(29th ISTS) 29th International Symposium on Space Technology and Science, June 2-9, 2013(4)

6月7日(金)は「飛行と再突入の制御」のセッションです。上井君が「オーニソプター(羽ばたき機)の運動の実験解析」について、続いて遠藤君が「オーニソプター(羽ばたき機)の空気力学特性の実験解析」について講演しました。

ISTS国際学会(13年度)09

羽ばたき機の原理を用いると、再突入が制御できる、また、火星探査などでは火星ローバーなどと違った空からの探査を行うことが期待できます。

  さて、今日は講演の最終日として、閉会パーティーです。全体の講評、優秀者の表彰などに続いて、お別れパーティーが開かれました。学生セッションでの受賞者の方々、おめでとうございます。

ISTS国際学会(13年度)10

このISTSは2年ごとに開催されるので、次は2015年に開かれます。参加者にとってはとても実りの多い楽しい集まりでした。次回もお楽しみに。

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR