NASA宇宙開発カレンダーを特別公開~日本にあるのは神奈川工大だけ!~

7月14日(日)に迫った神奈川工大オープンキャンパス!
ここで公開予定の「NASA宇宙開発カレンダー」、実は日本の神奈川工大にしかありません。
つまり、とても貴重なものなのです!

宇宙開発カレンダー(宇宙ロードマップ)は、David Smitherman博士によって作成されたもので、NASAのマーシャル宇宙飛行センター(MSFC)の奥深くに飾られているものです。

宇宙開発カレンダーには、地球軌道開発(フェーズ1)、地球から月へのルートの開発(フェーズ2)、月の開発(フェーズ3)、そして宇宙での居住計画など、1957年から2200年までの約250年にわたる人類の宇宙開発計画のビジョンが描かれています。
宇宙開発カレンダー

カレンダーは同MSFCCharles Les Johnson博士から、共同研究を進めている神奈川工科大学の特任教授藤井裕矩博士に特別に送られたものです。
このような経緯もあり日本では、神奈川工科大学だけが所有しているものなのです。

この貴重な宇宙開発カレンダーオープンキャンパスなどの機会に公開していく予定です。
NASAのマーシャル宇宙センター(MAFC)と神奈川工大にしかない貴重な宇宙開発カレンダー、ぜひこの機会にご覧下さい!!


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR