オープンキャンパスで飛行機の操縦体験!!?

神奈川工科大学で開催するオープンキャンパス「KAIT2013 OPEN CAMPUS」では
飛行機の操縦実習用のフライトシミュレータで操縦体験をすることが出来ます。

通常は航空宇宙学専攻の学生が操縦訓練を通し、飛行の原理や飛行制御等を体験的に学ぶために使用しているものですが...今回はそれを実際に操縦することが出来ます。


フライトシミュレータはコックピットを再現した複座型で、操縦桿、スロットル、計器等実機の装置をすべて備えています。
座席は固定されているため、操縦者は加速度を実感できませんが、スクリーンとモニターによる180°ワイドビューを備え、機体の運動はスクリーンに映し出されたシーナリーが動くことにより再現されます。

フライトシミュレータ06

また、座席はボディソニック機能を有していますので、エンジン音とともに振動を感じることができます。
これが結構な臨場感があり、実際に操縦している感覚になります。

左側の機長席に訓練生、右側の副機長席に教官が同乗し、操縦訓練が行われます。このシミュレータは訓練機として最もポピュラーなセスナ172を再現しています。

さらに、モーション付小型フライトシミュレータも設置しています。
これは、3台のモニターに汎用の操縦装置の比較的簡素なオープンコックピットですが、飛行状態にもとづいてコックピットがリアルタイムに前後左右に動揺します。
操縦者はピッチ方向とロール方向の運動を体感しながら操縦できます。

フライトシミュレータ04

こちらは、セスナ172のほかボーイング737、ビーチクラフトの双発機などの操縦を体験できます。

オープンキャンパスは、7月14日(日)に実施します。
皆さんもパイロットの視点から、臨場感あふれるフライトを体験してみませんか?!

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR