13年度航空宇宙プロジェクト-(藤井研14)ピアノ線

本日のプロジェクトではロケットを打ち上げます。

本番実験では垂直に打ち上げるのですが、その前にピアノ線に沿って水平に走らせて安全性を確かめます。ピアノ線で抑えているので異常な飛び方をしないか、引っ張っているテザーが絡んだりしないかを確認できます。水平発射実験と言って、垂直発射の精度を上げるため、ひとまず水平に打ち上げます。

巻き取り実験の再実験やロケットの制作を授業時間外に行うなどしてい、WBS(Work Breakdown Structure)に何とか遅れないように頑張ってきました。地味な作業からの脱出です。遂にここまで来たか!と考え深いものですが、そうは言っていられない事態自体が...。



実験は30mのピアノ線を3本伸ばし、スタート地点の発射台とゴール地点に設置した壁の間をロケットが飛ぶという形になります。ロケットを含め全て自作の今回の実験!準備に相当手こずってしまいました。

まず、ピアノ線を張る作業!ワッシャー等を使えば多少やりやすかったのかもしれませんが、その準備が間に合わず結局手作業で行いました。多くの時間をその作業に費やす形になっただけでなく、手作業では限度があるようでたるみが出てしまいました。
他にも自作の発射台と壁の強度がなく、ピアノ線の張力に耐えられず今にも壊れそうな状態に...。

これでは良い実験結果が得られない以上は続けられない!とTA(ティーチング・アシスタント:授業補助学生)に実験をストップされ発射実験は延期することになりました。残念ですが、もう一度準備を充分に整えて別の日に再実験です。

チームで対策を相談した結果、日程を1週ずつ繰り下げて実験を行うことになりました。
もと元から予備日を作っていたので現段階ではなんとか間に合いそうですが、もう大きなミスは許されません。
さぁ、ここからが正念場です。成功に向け力を合わせて頑張りましょう!!



----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR