航空宇宙プロジェクト(永尾研14)- 製作と予備試験。そして新たな課題…(part2.)

引き続き、永尾研の進捗報告です。

四角柱チーム
1体の供試体で予備試験を実施しました。びくびくしながら、500g、1kg、1.5kg…と荷重をかけていきました。すると、あっさり2kgに耐えてしまいました。そして荷重をかけ続け…最終的に4kg程度で破壊しました。設計要求は満たしていますが、これでは成功とは言えません。最軽量設計という部分に反しているからです。もっと軽く、もう少し早く壊れるように設計し直さなくてはなりません。補強をしていくより、強度を弱くしていくのは大変なように思えます。

トラスチーム
1体の供試体を用いて予備試験を実施しました。円柱同様1.2kg程度で破壊してしまいました。補強を施さなければならないのですが、どのようにトラス構造に補強をすればいいのか。試行錯誤していました。先生からアドバイスを貰い、補強方法は決まったようですが、時間が足りず、本日は2度目の予備試験が実施できませんでした。授業時間外で試験を実施しようと思います。


プロジェクト成果発表会の期限間近になって、どのチームも焦りが見えてきました。
夜も遅くまで作業をしているので、なんとか成功させたい気持ちでいっぱいです。



----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR