事前試験4【撮影の試験も開始!でも・・・】 12年度航空宇宙プロジェクト(5)

↓この記事の続きです↓
事前試験3【うまく開いたけれど?】


さて、事前試験も佳境に入ってきました。

今回の試験から、実測機と同じ市販のモデルロケット(Big Bertha)を使って試験を行います。また、観測機(撮影)の試験もはじめます。

モデルロケットに、ポスターカラーで直接文字を描いた直径1メートルと大型の自作パラシュートを搭載し、打ち上げを行いパラシュートが展開するかを確認します。

それと同時に別のロケットで上空からの撮影を行い、映像を確認して実測に備えます。

実際にモデルロケットを打ち上げて、自分たちで作成したパラシュートに取り付けた文字がどのように見えるかを確認し、地上からは2台のカメラで撮影し、上空からも可能な範囲で撮影を行いました。

さて結果は・・・パラシュートはうまく展開せず、観測用ロケットは打ち上げに失敗!
ここにきて手痛い失敗です。

航空宇宙P12-実験4

パラシュートが展開しなかったのは、パラシュートの糸が長く、射出の際に絡まってしまったためと思われます。ロケットの回転運動は、機体にカナードを取り付けたことで十分抑えられたようですが・・・。
糸の長さが適切でなかったこと原因だと思われますから、あらかじめどの程度の糸の長さが適切か、地上実験を行い確認することにしました。

観測用ロケットの打ち上げ失敗の要因としては、ロケットのエンジンマウントが損傷していたため、使用したエンジンに何らかの不備があったのではないかと考えられます。

対応策として、イグナイターの差し込み方が適切であるかなどを複数人で確認するなどの対策を講じることにしました。



学生がロケットを飛ばす!航空宇宙プロジェクト関連記事
12年度航空宇宙プロジェクト、始動!
まずは手順を決める
事前試験1【パラシュートの形を決める】
事前試験2【文字を書く素材】
事前試験3【うまく開いたけれど?】



宇宙科学 ブログランキングへ

テーマ : 学校での出来事
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR