13年度航空宇宙プロジェクト-小林研活動記録 (2)

 (続き)4月中旬から始まり、約3ヵ月間行ってきた航空宇宙プロジェクト、小林研班の活動を振り返っていきましょう。


 後半の授業では9人居た3年生を3人ずつ3班で分け、軌跡計算の班とシミュレータ実験をする班をローテーションでまわしていきました。シミュレータ実験では飛びにくい航空機の特性を変化させ、飛行機を飛びやすくなるように特性を修正していきました。
どの班でも皆で互いに相談し合いとても真面目に取り組んでいました。

 通常は先生の話を聞くだけの授業スタイルですが、プロジェクトでは自分達が主役となり物事を進めていきます。この経験がメンバーの将来に繋がっていくことでしょう!

写真の前列中央は本学非常勤講師の武田先生です。武田先生は長く日本航空の機長を務められましたので(DC-8型機の機長・操縦教官,B767型の機長・操縦教官,ナパ乗員訓練所操縦教官等を歴任!総飛行時間14674時間!!!!!)パイロットとしての評価を頂きました。

シミュレータ③


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR