本実験【いよいよ本番です!】 12年度航空宇宙プロジェクト(9)

↓この記事の続きです↓
事前試験7【複数のパラシュートを打ち上げる】

これまで数多くの試験を重ねて、課題を洗い出してきたのも、この本実験のため!
いよいよこれまでの成果が試される時が来ました。

自作パラシュートを搭載したモデルロケット4機を同時に打ち上げ、それから2.8秒後に小型カメラを搭載したモデルロケット1機を打ち上げ、上空からの撮影を行います。
小型カメラのレンズの角度は垂直軸から約60°の位置に設定。
地上からは4台のカメラで撮影。上空の風などを考慮し監視員も配置します。

本試験は2回行います。
1回目の本試験の結果を受けてロケットの重心等の再調整、小型カメラ搭載用モデルロケットの発射タイミングの再検討を行い、2回目の本試験が行われました!

2回の本試験を行った結果は・・・
「T」の文字を鮮明に撮影することが出来ました!
また上空からの撮影では、パラシュートをカメラの映像に収めることが出来ませんでしたが、航空写真として十分に利用できるレベルの画像を何枚も撮影することが出来ました。


パラシュートの展開についても、4つのうち1つがエンジンの熱で焼き付いて開かなかったものの、そのほかのパラシュートは綺麗に開き、地上からでも十分に文字を確認できました!
さらに、ロケットの4機同時発射にも成功し、モデルロケットの改良の面でもカメラを搭載したモデルロケットのスピン(回転数)を1[Hz]以下に抑えることに成功しました。

航空宇宙P12-本実験

実験解析レベルについても、予想高度と実測高度の差を平均10メートル前後に抑えることができました。
プロジェクトとしては成功!といっていいでしょう!!

これまでたくさんの試験を重ねてきた成果が実を結び、プロジェクトメンバーの達成感もひとしおでした!!




学生がロケットを飛ばす!航空宇宙プロジェクト関連記事
12年度航空宇宙プロジェクト、始動!
まずは手順を決める
事前試験1【パラシュートの形を決める】
事前試験2【文字を書く素材】
事前試験3【うまく開いたけれど?】
事前試験4【撮影の試験も開始!でも・・・】
事前試験5【一通り成功!でも課題が・・・】
事前試験6【複数のパラシュートを打ち上げる】
事前試験7【複数のパラシュートを打ち上げる】



宇宙科学 ブログランキングへ

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR