第57回宇宙科学技術連合講演会(3)

宇宙エレベーターについては10月9日朝9時から夕方まで、15を超える講演に特別シンポジウムが行われました。
その中で、多くの人々が宇宙エレベーターの技術的問題点や実現性などについて熱心な議論を重ねました。

  本学の藤井教授がパネリストとして参加したシンポジウム「宇宙エレベーターは実現可能か?現在の技術レベルと課題」。

司会は山極教授(静岡大)で、パネリストは青木教授(日大)、石川博士(大林組)、佐藤講師(東海大)、高野教授(日大)、藤井教授(神奈川工大)の5人で行われました。



宇宙エレベーターの技術レベルの現状および実現のために特に重要と思われる課題はなにか?
宇宙エレベーター研究開発を今から行う意義は?
宇宙エレベーター研究開発において日本が担うべき役割は、宇宙エレベーターは実現可能か?

などなど・・・
パネリストだけでなく、会場からも甲斐教授(日大)、向井さま(JAXA)や、山田様(ナスピア)などから活発な意見が出され、宇宙エレベーターがSF(空想科学小説)から実現へと向かう構想がいろいろ議論されました。

内容はいずれ日本航空宇宙学会誌に発表されると思いますのでご期待ください。


第57回宇宙科学技術連合講演会-3
----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

OPC

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR