欧州連合航空宇宙会議(CEAS:スウェーデン王国)参加報告書(2)

実際に学会に参加した学生たちのリポートをご紹介いたします。

▼今回の報告者は、遠藤大希君です。なぜこの学会に参加したのか、意気込みを語ってくれました!▼

こんにちは。遠藤大希です。藤井研究室で羽ばたき翼の研究をしています。
 羽ばたき翼というのは鳥や虫のように羽ばたいて空を飛ぶ飛翔体です。

 ボーイング787やオスプレーといった航空機の名前は、あまり航空について詳しくない方でも御存知だと思います。
それほどまでに現在世界の航空の主流はアメリカで有ると言えます。

 なのに、なぜ欧州なの学会に参加したのかと申しますと、羽ばたき翼の研究の中心はドイツやイギリス、オランダといった欧州各国なのです。

ライバルである研究グループの進捗状況が知りたかったということと、彼らに現時点世界最高の大きさである、日本の羽ばたき翼研究を世界に広めることで今後の研究に役立つような討論をしたかったからであります。

 この学会に参加した結果、無人航空機の研究者の皆さんと有意義な討論を行なうことができ研究に必要なよい刺激をいただきました。



欧州連合航空宇宙会議(CEAS:スウェーデン王国)参加報告書(2)

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

今期最後のOPC
OPC

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR