■航空管制官になるため、研修中!(先輩からのレポート-4)

こんにちは、航空宇宙学専攻OBの戸田です。

今日は、僕が研修で一番好きな管制「飛行場管制」について少しお話します。

飛行場管制と聞いてピンとこない方も多いと思いますが、空港にある管制塔の一番上から滑走路に離着陸したり駐機場の飛行機へタクシー指示を発出したりする業務です。

TOKYOエアポートというドラマで深田恭子さんが演じていた管制官も飛行場管制を行っていましたね。

航空管制は、飛行場管制でなく、ターミナルレーダー管制や航空路管制など大きく分けて4つの業務に大別できます。

そのなかで僕が飛行場管制を好きな理由はやはり「航空機を生で見れること」、そして「言葉一つで航空機が離陸したり着陸したりすること」です。4つの管制業務のなかで、航空機を一番近くで感じられる業務だと思います。

いつか、”Cleared for take-off”と言える日を楽しみにしています!

航空管制官になるため4
----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------
プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR