航空宇宙学特別講義(3)-宇宙技術者の苦労と喜び!

第3回目(10月31日)は中村富久先生(JAXA:宇宙航空研究開発機構 特任参与、宇宙輸送ミッション本部宇宙輸送系研究開発統括)が「我が国の宇宙輸送システムについて」のテーマについて講義されました。

中村先生は当時の宇宙開発事業団(NASDA)に入社後、N-ⅠロケットからH-ⅡAロケットの開発に従事され、2005年から、H-IIBプロジェクトチームのプロジェクトマネージャ(PM)などを経験され、H-IIBロケットの開発及び打上げを統括されました。

プロジェクトマネージャーは、宇宙開発における非常に大きなプロジェクトを統括し成功に導く非常に重要な役割で、その苦労は非常なものがあります。
とくに中村先生はこの間、H-ⅡAロケット6号機などの打上げ失敗を経験し、日本の宇宙開発が窮地に立った時に苦労され、現在の成功のもとを築かれました。
技術者たるもの、常に万全を期して準備はするもの。それでも失敗することはあります。(中村先生のような素晴らしい方ですら、失敗をするわけですから)
たとえ失敗しても、次のプロジェクトに向けてまた前に進まなければならないのです。
失敗にクヨクヨせず、失敗から何を学び、前に進むために何をすべきか・・・先生のお話は学生諸君に大きな感銘を与えました。

特別講義(3)

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR