航空宇宙学特別講義(6)-ブルーインパルスの編隊リーダーのお話「飛行運用について」

特別講義の最終回第6回目は東福久則先生の飛行運用についてのお話でした。

東福先生は防衛大学校卒業後、F-4ファントムから、T-2ブルーインパルス4番機、そして編隊長、さらに飛行点検隊司令として素晴らしい戦闘機操縦士の経験をお持ちです。
その後、幕僚、指揮官、教官、防衛研究所研究官などを務め現在は(株)東芝の担当部長です。 

ですから、東福先生は高速ジェット機から大型輸送機までの多彩で高度な操縦技術をお持ちで、講義では様々な飛行運用について興味深いお話をいただきました。

特に、ブルーインパルスの曲技飛行のお話は普通の飛行運用では聞けない話が多く、学生諸君にとっては素晴らしい経験になりました。
最後にはブルーの演技もDVDで鑑賞させてもらい学生諸君は大いに好奇心を満たされたようです。

特別講義(6)

写真は2機が滑走路の互いに反対方向から飛んできて、ナイフエッジ(90度バンク)ですれすれに滑走路の中央で行き違う、曲技飛行でも見せどころのお話を聞いているところです。安全を見極めながら恐怖心を克服することが、大変難しいとのことです。まさに技術の極致ですね。

航空宇宙学専攻では、空と宇宙の第一線で活躍されているエンジニアやパイロットによる特別講義を毎年、開講しています。
航空宇宙学専攻の学生ならば誰でも聴講できますので、ぜひ皆さんも学生になって?!特別講義を聴講に来てください。

ブルーインパルス

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR