「ひも」の素材は大問題!-学生と考える宇宙エレベーター(4)

軽くて丈夫な「ひも」の素材がなければ、宇宙エレベーターは実現しません。
そこで、宇宙エレベーターの材料に関する研究が行われました。

1975年、ジェローム・ピアソン氏が必要な材料は破断長4960キロメートルであることを解析しました。(破断長とは、上空から地上に向かって伸ばした時に切れないで自重に耐えられる長さのことです)

解析結果を受けて当時の丈夫そうな素材を確認したところ、鋼鉄が50キロメートル、船体やボディアーマー防刃ベストなどに使われるケブラー繊維ですら200 キロメートル・・・と遠く及ばないことが判明しました。
実用化は宇宙船の方が先になってしまったのもやむを得ないことだったんですね。

しかし素材の研究はさらに進みます。
(つづく)

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR