FC2ブログ

教えて!藤井先生-どこでも「駅」はできるの?

Q.
「地表近傍のテザーを複数本に分割」とは、フォークの様に上の方(宇宙のほう)は1本、下の方(地表近く)はいくつかに分れた形、ということでしょうか?
また、テザーをフォークのようにするならば、日本だけでなく世界中どこでも宇宙エレベーターの駅を作ることができるということでしょうか?



A.
 いろいろな設計法が考えられるかと思いますが、フォーク型の設計もそのうちの1つです。フォーク型の設計の場合、図に示したように、地球近傍に分割したテザーがひとまとまりになる点があり、そこから、地球各地にテザーを伸ばすことになるでしょう。
駅の建設ですが、緯度の問題で建設できない場所もありますが、地球上の多くの場所で建設が可能です。 むしろ、システムにおいて力の釣り合いをもたせる必要があるので、ある国と国がペアになって宇宙エレベーターの駅を作った方がいいかもしれません。

駅02-フォーク型
↑フォーク型宇宙エレベーターのイメージ図


◆センター方式C日程入試、願書受付中!◆
詳しくはこちら↓↓
センター方式C日程入試http://www.kait.jp/admission/university/details/centerC.html


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR