教えて!藤井先生-フォーク型テザーの宇宙エレベーター、課題は?

Q.
テザーをフォーク状にした宇宙エレベーターは、テザーが一直線の宇宙エレベーターと比べてどんな課題があるのでしょうか。


A.
まず、使用するテザーの量が多くなりますので、システム全体の質量がテザーの本数を増やせば増やしただけ重くなってしまいます。
そうなると、材料費やロケットの打ち上げコストなど、建設にかかる費用が膨大なものになってしまいます。

また、いろいろな場所にアースポート(駅)を建設すると、宇宙エレベーターのテザーにより、航空機の飛行できる空域が格段に狭くなってしまう、打ち上げる人工衛星や宇宙船の軌道が制限されるなどの問題もあります。

克服しなければならない問題が山積しているので、特に若い皆さんは体力の養成も忘れないで良く勉強して挑戦してください。

教えて藤井先生03


◆センター方式C日程入試、願書受付中!◆
詳しくはこちら↓↓
センター方式C日程入試http://www.kait.jp/admission/university/details/centerC.html


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR