タワー状だからできること-学生と考える宇宙エレベーター(12)

宇宙エレベーターの特徴は、その形状。
タワー状なので、途中に展望台や各種施設の中継地点を作ることができます。

この中継地点を利用して、エネルギーを使わずに先端部や中間部から衛星や宇宙船を放出することができます。

2012年、宇宙に長期滞在した星出彰彦さんが乗ったロシアの宇宙船ソユーズの場合、打ち上げ時にはロケットに宇宙船を積み込み、ロケットを打ち上げてある程度の高さに達したところで宇宙船を放出するしくみになっています。

宇宙エレベーターを使えば、エレベーターが一定の高さに達したところで簡単に宇宙船の放出ができるようになります。

また、巷では東京スカイツリーが大盛況。開業から半年で2792万人が訪れたといいます。さらに高いところに展望台ができたら・・・大きな観光資源になるかもしれません。

タワー状ですから、どの部分に展望台を作ってもOK、というフレキシブルさも魅力だと思いませんか?!

宇宙
宇宙から見た地球/富士山付近(NASA提供)


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR