●機体構想をまとめよう  ~航空宇宙機設計 #2~ 

 2回目の授業では、前回決めた要求性能をもとに機体構想の検討を行いました。
 
 まず、要求性能をもとに、「どの程度のペイロードが必要なのか」などの重量の策定を行い、次に航空機が「飛ぶ」ために欠かすことのできない主翼の策定を行いました。
 主翼の策定と一言で言っても、考えるべきことはたくさんあります。翼面荷重、アスペクト比などなど、複数の項目が絡み合っています。
 こういったときに手助けとなるのが「他機例」です。実際に飛んでいる様々な航空機を見ていくと大体の相場がつかめてきます。

1_20151104185744f54.jpg

 主翼の策定が終われば次はエンジンの選定です。今回はモデルとして用意した数種類のエンジンの中から、機体の推力重量比を考えながら自分の機体に合うものを選びました。

2_2015110418574699d.jpg

 次回以降、今回まとめた機体構想をもとに様々な性能計算を行っていくことになります。
 まずは、翼の空力特性です! お楽しみに!!


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR