振動の問題を考えないと崩れる危険性も-学生と考える宇宙エレベーター(15)

宇宙エレベーターは、いわば「長い弦」のようなものです。
固有振動数に一致する振動が発生すると、減衰せずにエネルギーが蓄積されて振動し続け、応力限界を超えて破壊される恐れがあります。
「弾性ひも」としての挙動の把握は必須です。

これは荷物を適宜上げ下げして振動を打ち消すことで回避することができます。
また、人工衛星やスペースデブリとの衝突を回避するために意図的に振動させることもできます。

いずれにしても、振動の特性を把握して自由にコントロールする必要があります。

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR