●ロケットの推力は?  ~航空宇宙機設計 #6~

 6回目の授業ではロケットの推力などの計算方法を学び、演習を行いました。

 ロケットエンジンはガスを高速で噴射することで、その反作用として推力を生み出します。そのエンジンの性能を議論する際に用いられるのが比推力Ispです。比推力は「単位重量の推進剤で単位推力を発生させ続けられる秒数」という意味があり、実は航空機パートで出てきたSRの逆数です。
 また、ロケットというのは「必要なΔVを与えるシステム」であり、ΔVは衛星を所定の軌道に乗せるために必要な速度の変化のことです。一般に衛星は軌道を変更する際、様々な方法でΔVを与えています。
 そんな宇宙工学の分野において重要な、比推力とΔVの求め方を学んだあと、実際に演習問題で理解度を確認しました。

1_201512092019161e4.jpg

 次回は宇宙往還機についての講義と、宇宙機パートのまとめとしてテストを行います。


----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------


テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR