宇宙エレベーターの長さ-学生と考える宇宙エレベーター(19)

宇宙エレベーターは超巨大な構築物になります。
では、その長さは最長でどのくらいになるのでしょうか?

静止軌道(=地球の引力と遠心力が釣り合っている場所)は、地上から約36,000キロメートルの場所になります。ですから、宇宙エレベーターの静止軌道から下の部分は約36,000キロメートルです。

テザー衛星のつり合いの原理から、重りをつけないで「ひも」だけで、下端を地球表面まで伸ばしたとき、上方の部分も含めると長さは約144,630キロメートル必要となる、という試算が出ています。

この長さは、宇宙エレベーターの「ひも」の素材として注目されているカーボンナノチューブ(CNT)を使えば、宇宙空間で切れることなく、かつ、ぴーんと張った状態を保てるることになります。

だから「CNTを使えば宇宙エレベーターが実現できるのでは?」と言われているのです。


★この記事の「宇宙エレベーター特別教室」(断面一定テザーはどのくらいのばせるか)を、
「[神奈川工大機械工学科航空宇宙専攻★公式ブログ]宙(そら)をめざせ!」
http://www.aeroastro-kait.net/
にて公開中です!
数値シミュレーションの結果や物理の専門用語などを用いた詳しい解説を行っています。



----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR