静止軌道衛星でラクラク無重力体験も-KAIT式宇宙エレベーター構想(6)

静止軌道衛星上では、無重力であることを利用して新しい材料を生み出すなど、生産拠点としての活用が期待されています。

でもそれだけでは夢がない?!
私たちにも体感できるような、例えば無重力体験所を作ってみてはどうでしょうか。

遊園地の絶叫系ジェットコースターが大好き!という方の中には、「高いところからほぼ垂直に落ちるようなとき、体がフワっとする感じがたまらない!」という方が結構たくさんいますね。(特に女性!)
この「フワッとする感じ」が無重力状態です。この一瞬のために何度も長い行列に並ぶのが絶叫系のいいところ、なんて話もちらほら(笑)。

もう少しお金をかけて無重力状態を創り出すとしたら、ジェット機をチャーターしてフリーフォール状態を作り出すことが多いようです。
長くても数十秒程度の無重力体験ですが、実体験したい人はいるみたいですね。

こうしてみると、無重力状態って意外と人気があるのでしょうか(^-^;)
静止軌道上ならばずっと無重力状態です。
しかも、落下するときのGなどを感じずにふんわりと無重力状態を思う存分楽しめます。

ちょっとした遊園地のような使い方もできるかもしれませんね!

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR