測定実験:11年、はじめてのプロジェクト(5)

いよいよ実際にロケットを打ち上げ、測定実験を行います。
今回実験で使用したロケットはアメリカのEstes Industriesから発売されているBig Berthaを改良したもの。

航空宇宙P11-ねこ-実験用ロケット

2回のテスト打ち上げを経て課題を抽出します。

まず一つがエンジンマウントの改良。このロケットは既存のエンジンマウントを使用することができないため、一からマウントを作ることになりました。
一部のパーツはキットに入っていたものを使えましたが、エンジンをロケットの中央に固定するリングは自作。

当初はデザインナイフで作ったりしましたが、高い精度が求められるリングを学生が手作業で作ることは不可能なことに気づき、KAIT工房のレーザー加工機を使うことになりました。
レーザー加工機を使うための講習を受けるために時間がかかってしまい、結果としてスケジュールがタイトになってしまいましたが、3つのエンジンマウントを試作して何とか実験用エンジンマウントが完成。

もう一つはモデルロケットの速さと高度を測定する計測機器。何をどうやって搭載するのか、どうやってデータを回収するのか、を考えました。
テスト打ち上げではうまく計測ができたのでこちらは順調かに思えましたが・・・

いざ、実験を行ってみると加速度計が故障してしまいデータ回収ができない事態に!

ロケットに搭載する前にペットボトルロケットなどを使用した計測機器の事前試験を徹底的に行い、高度計と加速度計の耐久試験を行うべきであったと反省。

実際のプロジェクトでもこうしたことはよくあるのでしょうね。
何をすべきなのか、を失敗から学べたことは、とても大きな収穫でした。

とはいえ、高度のデータは順調に取ることができたため、実験は成功したと言ってもいいでしょう!




はじめてのプロジェクト!航空宇宙プロジェクト2011 関連記事

航空宇宙プロジェクト、始動!
(1)いぬさんチームとねこさんチーム
(2)ねこさんチームのプロジェクト
(3)風洞実験
(4)弾頭は手作りしました


宇宙科学 ブログランキングへ

テーマ : ★大学生活★
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR