宇宙エレベーターに必要なテザーの強度はどのくらい?―宇宙エレベーターの最新研究(2)

前回、新しい?!強度を示す単位「メガユーリ」の話をしたので、今回はテザーの強度の研究がどの程度進んでいるのかをご紹介いたします。

宇宙エレベーターに使うテザーは、エドワード博士の技術的な検討が始まった2002年から今まで素晴らしい進歩があり優れた成果が得られています。

宇宙エレベーターに必要なテザーの強度は最低でも25から30メガユーリ、できれば40メガユーリくらいは欲しいところ、と言われています。

CNT(カーボンナノチューブ)の研究者たちによると、宇宙エレベーターとして使える最低の25メガユーリなら10年以内で出来るが、このためには、先細り(テーパー比)を極度に大きく取るなどの工夫をし、かつ、かなり研究なども頑張る必要があると言われています。

ものすごい先細り構造ではなく、あくまでも常識の範囲内?!の先細り(テーパー比が5程度)の場合に必要な強度は35メガユーリ程度と言われています。
これも、あまり遠くない将来に手に入るのではないか、と言われています。

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR