テザーの強度は毎年10%の成長率?!―宇宙エレベーターの最新研究(3)

カーボンナノチューブを断面で見るとその形状によって「シングル(単層)」、「ダブル(二重)」、そして「マルチ(多層)」のナノチューブに分けることができます。ちょっとトイレットペーパーみたい・・・なんて思わないで下さい(^-^;)。

CNTの形状

このうち、「シングル」(=単層カーボンナノチューブ)は、2000年にはすでに20メガユーリが達成されています。
達成した!と言っても、直径は1ミクロン以下で長さはせいぜい1ミリメーター以下でした。

しかし単層CNTの強度は、驚くべきことに、ほぼ毎年1.1倍で伸びてきています。毎年1割の成長は素晴らしいですよね!
2011年には、100メガユーリ以上の強度を持った長さ10センチメートル以上の単層カーボンナノチューブの達成が報告されています。
[Zhang, R. et al (2011) “Superstrong Ultralong Carbon Nanotubes for Mechanical Energy Storage”, Adv. Mater., Vol 23 No 30, pp. 3387-3391.]

----------------------------------------------------

宇宙科学 ブログランキングへ
----------------------------------------------------

テーマ : 実験 科学 サイエンス
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAIT

Author:KAIT
神奈川工科大学機械工学科 航空宇宙専攻のブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
facebook
QRコード
QR